忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日、9月6日(木)は台風が来ていてすごい天気でしたね・・・。

そんな日は2日前の4日に自宅で行った、11月に発売予定のヒーリングアルバムのプリプロの話題を書くことにします。
このCDの制作過程は、今までも二度ほど書いてきましたが・・・。

このアルバムには、2人の女性ボーカリストが参加します。

そのうちの一人、この日初めてお会いしたNUU☆さんは、実はスタッフの誰もが初対面。でも、その声は以前から聴いて知っていました。
ある方が、とにかく素晴らしいから聴いてと紹介してくれたCDを聴き、その美しい声にみんながびっくりしてしまい、早速、ご連絡をとって今回の参加をお願いした、という経緯があるのです。

そのNUU☆さんは現在はハワイアンシンガーとして活動されており、ディズニーの歌のCDや、CMなどでもお仕事をされていますが、この日のプリプロでは、キーを合わせながら美しく優しいメロディを、流れるように歌ってくれました。私などそれだけで癒されてしまった・・・。しかも、初対面なのになぜか初めて会った気がしませんでした。不思議~。

a0f747a3jpeg左がボーカリストのNUU☆さん。私、右がスタッフで今回のアルバムの企画立案者のライトワークスの佐久間さん。
前は参加したがりのにゃんプロデューサー、ノエルさま。
すずんとテーブルの上に。







e8a446b7jpegUさんと佐久間さんのうしろでギターを抱えているのが、このアルバム全体の作編曲と音楽プロデュースを担当している富山。









不思議な、この光のCDの制作も佳境に入ってきました。

何の問題もなく、あまりにも楽しくスムーズに進む制作。
そしてさまざまに起こるシンクロ。
やっぱり、見えないところで仕組まれていたのかなぁ~?

今週の土曜は、もう一人のボーカリストとの打ち合わせとプリプロがあります。
彼女は本当にスピリチュアルなボーカリスト。
クリスタル・ボイスの彼女のことはまた書きたいと思います。
PR
7月26日は、17日の日記に書いた、クリスマスに発売予定のスピリチュアルなヒーリングアルバムの打ち合わせと、少しだけですが、音の素材の録音もしました。場所は17日と同じように自宅です。
録音の作業はすべてパートナーが行うので、私は、ほとんど聴いているだけ・・・なのですが。

今回の企画を立ち上げたスタッフの佐久間さんが、素晴しく優しい音色のハーモニーボールと、ハープを持って来てくれました。

65a90440jpegハーモニーボールは3つ。










それぞれ、天使、イルカ、太陽&月の絵が描かれていて、みな音色が違います。また振る人によっても音が変わります。なんだか、振っているときのハート、気持ちも大切だという気がします。いつも優しく澄んだふくよかな音色を響かせることができたらいいな、と思います。(^◇^)

93054ec8jpegこれは、天使のハーモニーボールです。










74c3ebbfjpeg小型のハープです。










ハープの音は、優しくて、とても繊細。
録音の時間中、おだやかで、優しくて明るい、清らかなエネルギーが流れていました。

先日、個人セッションを受けたブライアンにこのアルバムの話をしたら、「そういうCDの録音のときも、電気系統はおかしくなることがあるから、気をつけて」と言っていましたが、今日は無事に録音できました。

ここではない別のどこかで私たちを見守っている存在が助けていてくれたのかも・・・などとぼんやり考えたりしながら、感謝した一日でした。



昨日、ブライアンというインディゴ・サイキッカーの個人リーディングを受けてきました。
(ええ?なに、それ?という人は、引いちゃうかもしれませんが、ごめんなさい!)
簡単にいうと、超能力がある人です。オーガナイズした会社の宣伝には、このように書いてありました。

★ブライアンの特色

・圧倒的なサイキック力
・小さいときからリコネクションのエネルギーを感じ取っていた
・宇宙、出身の星についても見抜く力がある
・過去生がわかる。転生回数もわかる
・マカバについてもわかる
・未来についても可能性が見える
・病気についても見え、ユニークなヒーリング力を発揮する
・その他、驚くほどの情報量


でも私はそれを読んでいこうと思ったのではなく、知人から前回に来日していたときのセッションの体験を聞いて、行きたいと思ったのでした。なんでも圧倒的な情報量とのことでした。そのため、すぐに申し込んだものの、もうキャンセル待ちでした・・・。しかも9人目。
しかし、先日「キャンセルが出ました」とのお知らせが!これはチャンスだわと、とにかくたくさんの質問をノートに書いて出かけていったんです。もちろん、自分の魂について、また地球についてなど、さまざまなことを聞くつもりでした。

そして昨日。
ブライアンと、手のひらを近づけると、ものすごい電気みたいなものがビリビリ来てびっくりしました。

しかし私は結局、一時間のうち、4つしか質問が出来なかったんです。
最初の話がとても長かったせいでしょう。
それについては、今は書けませんが、ブライアンの情報によって、ある決定をすることができました。

セッションが終わったあと。
外に出たら、なんだか平行現実が見えているような、変~~な感覚がありました。
いままでに体験したことのない感覚です。
しかも帰りの電車の中で、なんと横にいる人のことが瞬時にわかったような気がしました。
もちろん証明などできないので、思い込みかもしれませんが・・・。
(帰宅したら、じょじょに普段のワタシに戻りました・・・(~_~;))

そしてショックだったのは、そのセッションを録音できていなかったことっ!!!
セッション終了時、ブライアンが
「録音できているかどうかを、確かめたほうがいいですよ。電気系統がおかしくなることはよくあるから」
とは言ってたけど、まさかと思っていました。
しかもその機械って、電源入れたらあとは録音というボタンを押すだけの簡単な操作のもの。まさか失敗するなんて考えられなかったですし。でも、もしかしたら、私がいつもの呆れるほどのボケで、操作を間違えたのかもしれません。その可能性はあります。(~_~;)

しかし・・・こういうことって、よくあることでもあります。ほんとに電気系統、チャネリングなどによっても、おかしくなりますからね。

どっちにしろ・・・録音はできていませんでした・・・。そして私はこう思うことにしました。今回のセッションは、別に録音しなくてもよかったのだ。私の心に、大きな変化をもたらしたからです。

あ、でも、その変化って、私生活だったり、仕事だったりっていう話ではないんですよ。そんなことを変えようなんて全然思っていないですもん。

簡単に言うと、私の中の怖れとか不安を手放すことができた、と言い換えられるかもしれません。

ブライアンは確かになんとも不思議な人。

私には、大きな収穫のあったセッションでした。




今日のカテゴリー、『スピリチュアル』なのか?それとも『仕事関係』なのか?
超迷いました。

というのも、仕事ではあるけれど、とてもスピリチュアルなものなので、私の中では、仕事という気がしていないんです。

前置きはさておき。
今日は自宅で三回目の打ち合わせです。自宅で打ち合わせなんてめったにない。そういう意味でも異例です。

打ち合わせのメンバーは、ある会社勤務の佐久間さん&私&私のパートナーです。

佐久間さんの会社は、音楽関係の会社ではなく、エンジェル・カードという美しいカードを販売したり、本を出したり、いわゆるスピリチュアル系のワークショップを企画運営したりしている会社。その中の「販売部門」です。
そんな会社に勤める佐久間さんは、ご自身も天使のように明るくて優しく、とても可愛い女性。直感が鋭くて不思議な力を持っている人です。

そんな佐久間さんがふっと神秘的なインスピレーションを得て、企画したのが素晴しい癒しのCD。
あっという間に、企画が通って驚いたとのことです。
そして不思議なご縁で、私のパートナー(音楽関係)と私が制作にあたることになりました。

でも。このCDの本当のプロデューサーは、たぶん、高次元のマスターなのでしょう。
もちろん天使も応援してくれているみたい・・・と私は思っています。

・・・で、打ち合わせ。

54400105jpegこんなに大きく切っちゃったよ・・・(~_~;)
ANTENORのカマンベールチーズケーキ。

あ。こんなに大胆な切り方をしたのは私ではありません。
パートナーのほうです(苦笑)






ea7da62ejpegこちら、羽音さんに頂いたお菓子。箱も可愛い~。










数時間もの打ち合わせが終わって、帰るとき、羽音さんに大天使のエンジェルカードを引いてもらいました。

b840fd38jpegRelationship Harmony

大天使ラギュエル。人間関係の調和。
この仕事は、ほんとに人間関係の流れがスムーズなのでぴったりです。






それと・・・向かって右側、天使ラギュエルの左手が、光ってるでしょ?
写真のうつり方だと言えばそうだけど、なんだか天使が大きな光のたいまつ
を持っているみたいに見えませんか!?

7b055841jpeg次に、佐久間さんがお帰りになったあと、私がひいたカード。
大天使アリエルのCourage、勇気です。『勇気を持って、自分が信じることを貫いて』というメッセージは今の私にぴったりで驚きました。








実は、私の中で、「人の心を癒すためのもの。私でいいのかしら?」という迷いがあったからです。だって私は普通の人です・・・。(~_~;)でもアリエルは自信と勇気の天使。うーん。励まされました。



36d35aedjpegもう一度、写真に撮った、この大天使ラギュエルのカード。
まぶしい光になっていました!!

写真のうつりかた、といえばそれまでですが、私にはそれだけとは思えませんでした~。






不思議なアルバム。
クリスマス頃、発売予定なので
また情報をここにアップしますね。
「イスラエルで、イエス・キリストとその家族の墓が発見された!?
にわかには信じがたいこのニュースは、今年3月、全米で大きな話題となった。
はたして、イエスの墓は実在するのか?また、イエスには息子がいたのだろうか?」

上記は、私が読んだ雑誌「ムー」(へへへ。実は私子供のときから愛読してます)の記事です。

しかも、それを取り上げたドキュメンタリー番組があるというのです。
その番組「イエスの棺」のエグゼクティブプロデューサーは、あの「タイタニック」のジェームス・キャメロン。
キャメロン監督は次のように語っています。

「今回の調査では、映画監督の私も心底驚かされる物証が発見された。間違いなく、今世紀最大の考古学的発見といってもいいのではないか」

むむむ。これは見なくてはっっっ!!!

とディスカバリーチャンネルで24日、放映されたその番組を録画した私。
忙しくて、まだ全部は見てないのですが(泣)、久々に驚き、見入ってしまった番組でした。

特に、あの「ダ・ヴィンチ・コード」で誰もが知るようになった、イエスの伴侶といわれた「マグダラのマリア」について・・・
ちょっとだけ説明してみますと。

この墓には、名前の刻まれた棺が幾つもありました。
「イエス、ヨセフの息子」
「マリア」
「ヨセフ」
「マタイ」
「ユダ、イエスの息子」 そして、
「マラのマリアムネ」・・・。

その「マラのマリアムネ」が、マグダラのマリアではないかというのです。
マラというのは、教師や伝道師などの先生を表す言葉だとか。つまり先生と呼ばれたマリアムネ、というわけです。マグダラのマリアはやはり、娼婦などではなく、伝道師だったのかもしれないですね。
しかも、マグダラのマリアに対する、マリアムネという呼び方は、ほかの福音書にも出てくるというんです。

しかし、骨のDNA鑑定では、このマリアムネと、イエスとは血縁関係がなかった。
でもとなりに埋葬されている・・・。

つまり、マグダラのマリアはやはり、イエスの妻だったのかもしれないというのです。
そして息子がいた!!
映画もびっくりの、驚愕の内容です。

もちろん、こんなのは、ほんの一部。ほかにもたくさんの見どころがありました。

ご興味のある方で、番組を見そびれた方、「ムー」7月号に少しだけですが、記事が掲載されていますよ。
(注: 私、「ムー」編集部のまわし者ではありません。笑)


ほっ!時計
プロフィール
HN:
森 由里子
HP:
性別:
女性
職業:
作詞家
東京都出身
J-POP、アニメ主題歌などこれまでに約800曲の楽曲をリリース。

※詳しい作品情報、新譜リリース情報等は公式HPにあります。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/10 yuuki]
[07/07 小笠原英晃]
[07/03 ふにゃねこ]
[07/02 ふにゃねこ]
[06/26 ふにゃねこ]
[06/23 藤太薫哉]
[06/21 ふにゃねこ]
[06/19 なかはらちゃん]
[06/17 ふにゃねこ]
[06/13 ふにゃねこ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]