忍者ブログ
[166]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2月10日。

今日は珍しくちょっと早起き。(^v^)
たぶん、これからしばらくは午前中から机に向かえる日々が続くことでしょう。

さて、先週末は、サントリーホールで行われた、養護学校の教諭、山元加津子さんとキム・シンさん(シンセサイザー奏者)のジョイントコンサートに行ってきました。

そのとき山元さんが語ったおをひとつ、ご紹介したいと思います。

山元さんの教え子のしょうくんという男の子は、お肉だけしか食べない子でした。誰がなんといっても、しょうくんはお肉しか食べられず、別の先生がなんとか食べさせてあげようと、お野菜を口に入れてみても、はきだしてしまうのでした。

そんなしょうくんが、あるとき「かっこちゃん(先生だけど、そう呼ばれていらっしゃるようです)、ぼくがきゅうりを食べたら、かっこちゃんは僕のことが大好きになる?」と聞いたんだそうです。
山元さんは「私は、お肉を食べるしょうくんだって大好きだよ。でも、きゅうりを食べるしょうくんも大好きだよ」と答えたそうです。

そして、しょうくんは、あるとき、一生懸命、気持ち悪くなりながらも、きゅうりを食べていたのです。

このあらすじは、私がうろ覚えで書いているので、正確ではないかもしれません。
でも、私はこの話を聞いたとき、ああ。「大好き」って、すごいパワーだなぁと思ったのです。

大好き
。それは愛のことです。

でも、親子愛とか恋愛とか・・・自分の血を分けた子どもとか、親とか、彼氏とか配偶者とかに対する愛は、ある意味、当然だと思うんですよね。本能に近いというかね。(ま、ニュースなど見ると、そうとも言い切れない部分もあるんですが、ここでは一般的見解で書きますね)

でも、そうではない存在、他者に対する愛を実践していくことこそ、私たちには大切なんだよなぁと実感したんです。

なぜ、しょうくんが食べられないきゅうりを食べようとしたかというと、山元さんのことを大好きだからなんですが、なぜそんなにも山元さんのことを慕ったかというと、自分も先生から愛されているんだと無意識に実感していたからではないでしょうか?

人も動物も、そのまま、ありのままで自分を愛してくれ、許してくれる相手には、心を許し、心を開き、愛を感じるのではないでしょうか?

私が子どものころ、好きだった先生は、私をまるごとではないにしろ、認めてくれた先生だったように思います。

「あの先生は、私のことをあまり気に入ってないな」ということは、言葉ではなく、なんとはなしに感じるものなのです。

無条件に愛してくれる先生やおとなたち・・・。

子どもたちには、親以外にも、そういう存在が必要なのではないかな?そして、山元加津子さんは意識することなく、教え子たちを無条件に愛している、そして日々、その愛を実践してるんだな、そう思うことができて、私自身も山元さんに対して感謝の気持ちがあふれました。

大好きの力、無条件の。私もそれをいつも忘れないで生きていけるようになりたい、そう思う今日この頃です。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
無条件の愛。
実際に向けることは大変かもしれませんがとっても大事なことですよね。
本当にすごい偶然なんですが私も教育実習に行った時に似たようなことがありました。
その小学校ではいつも食後に歯磨きを行なっていたんですが一人だけ(真面目に)やらない子がいたんです。
それで、私が歯磨きをやっていたら『先生は磨きやるの?』『僕もやったら先生僕のこと好き?』と聞かれました。
精神的に山元さんほど大人ではないので大した返し方はできませんでしたがその子は歯磨きをきちんとしてくれるようになって、すごく嬉しかったです^^
以上、教育学部のこまつちひろがお届けしました(笑)
こまつちひろ 2009/02/11(Wed)12:02:33 編集
Re:無題
ちひろさん、こんばんは!

>無条件の愛。
>実際に向けることは大変かもしれませんがとっても大事なことですよね。

そうですね。人が精神的に進化することって、無条件の愛に向かうことなんではないかな?と思います。なかなか相手によっては実行できないけれど(私など未熟なので、相手に悪口など言われたりしたらそれだけでヘソを曲げてつきあいたくなくなってしまうと思います~苦笑)、でも、少しずつでも、そうなっていけたらいいな、と思いますね。


>本当にすごい偶然なんですが私も教育実習に行った時に似たようなことがありました。
>その小学校ではいつも食後に歯磨きを行なっていたんですが一人だけ(真面目に)やらない子がいたんです。
>それで、私が歯磨きをやっていたら『先生は磨きやるの?』『僕もやったら先生僕のこと好き?』と聞かれました。
>精神的に山元さんほど大人ではないので大した返し方はできませんでしたがその子は歯磨きをきちんとしてくれるようになって、すごく嬉しかったです^^

素敵なお話ですね。その子はちひろさんのこと、大好きだったんでしょうね。
きっと、ちひろさんが優しかったからでしょう。それに若くて可愛くて、きっとすてきな先生だったんじゃないかしら。(^v^)

>以上、教育学部のこまつちひろがお届けしました(笑)

教職課程をとったということは、先生にもなれるんですね。素敵(*^^)v
【2009/02/11 23:16】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ほっ!時計
プロフィール
HN:
森 由里子
HP:
性別:
女性
職業:
作詞家
東京都出身
J-POP、アニメ主題歌などこれまでに約800曲の楽曲をリリース。

※詳しい作品情報、新譜リリース情報等は公式HPにあります。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/10 yuuki]
[07/07 小笠原英晃]
[07/03 ふにゃねこ]
[07/02 ふにゃねこ]
[06/26 ふにゃねこ]
[06/23 藤太薫哉]
[06/21 ふにゃねこ]
[06/19 なかはらちゃん]
[06/17 ふにゃねこ]
[06/13 ふにゃねこ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]