忍者ブログ
[177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3月3日。

もうほんとは4日ですが、夜中なので私の中ではまだ3日。
雛祭りだというのに、寒すぎ・・・と思っていたら今日は雪が降りましたね
昨年の雪が降った日には(その日は積もってたんですが)テオがいて、テオの白ソックスみたいな雪・・・とここに書いたなぁ、と寂しさがつのります。

私は、ここのところ、猫のはちくん奇跡的な回復を見せて(前回、前々回の日記にあります)とって~~~も嬉しいんです!(^◇^)

だから、「ホ・オポノポノ」という、ヒーリング・メソッド(前々回の日記、また、それ以前の日記にも書いてあります、しつこいけど・・・)を、もし、テオの生きているときに知っていたらなーっ、と、胸がしめつけられるほど思います。でも、きっとテオは

「ううん、ぼくもう虹の橋に行きたかったの。若いときからずう~~っと長いこと病気でいたでしょ、だからそう決めたの。今、ぼく、すごく自由で幸せだよ。またいつか必ず会えるから、もう泣かないでね、泣かないでね」って、私に言ってくれている気がします。そう言い聞かせてもいます・・・。
(心優しい友人からもそんなメールが届きました(:_;))

さて、今日は、歌詞の修正をしています(アニメです)。

アニメも主題歌やエンディングテーマは、本当にたくさんの制作者の方々が関わります。原作者、監督はもちろん、番組のプロデューサー。そして音楽のほうでは、レコード会社のプロデューサー、ボーカリスト、作編曲家は当然なんですけど、音楽出版会社のプロデューサー、またときには、下請けの制作会社のディレクターが現場を仕切っていらっしゃるケースもあります。

というわけで、まずは歌詞も、テレビサイズから作って(この話、前にもしたかも?^_^;)、テレビサイズの仮歌を録音して(しないこともあります)、それのOKが各方面から出たら、それからCDのフルサイズを書いて、そしてフルサイズの仮歌、それからようやく本番、と何度も段階を踏むことがあったりします。

でもそれが面白いんですね。時間をかけて作られて完成してゆく感がすごくあるので、オンエアのときには、やっとここまで来たんだわぁ、と思いながら、あ、こんな素敵な絵になったんだ!とか思います。なーんて、私などはただのいち作詞家なので、他の責任ある方がたに比べたら、ほんのほんの一翼を担っているにすぎないんですが・・・。

そうそう。いわゆる「タイアップ」と呼ばれる、J-POPのアーティストの歌う楽曲の場合の作り方はまたちょっと違ったりします。ここに書いたのは、まずアニメありきの作り方なんですけどね。

今、書かせて頂いているアニメ主題歌の番組の情報も、告知できる時が来たらここにアップしたいと思います。

春とは名ばかり、寒い寒い日にも心だけは温まる。

アニメ系、アーティスト系、どちらでも、そんな作品を紡いでいきたいなと思います。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは!

はちくんは、日に日に良くなってきているみたいで、良かったですね~。
記憶がなくなってしまったようで心配ですが、もうすぐ治ってくれると想いますよ。

人間が臨死体験をすると、霊的能力が高まる事もあるようですが、はちくんも能力高まっているかもしれませんね。

時々、はちくんの能力で、テオくんとフュージョンしてくれたらいいなぁと想っちゃいましたよ!

アニメのお歌の作り方、とても面白いですね。
勉強になります~。
作詞家さんのお仕事はいいなぁとつくづく想いますよ。
自分のお作品がテレビから流れてきたり、子供たちが口ずさんでくれたり、とても素敵だなぁと想いますよ。

ふにゃも作詞をしてみようかなぁ~。

でも、ふにゃって
才能ないですからぁ~ 残念!古っ(笑)

アニメは世界に誇れる日本の文化ですからね。
これからも、由里子さんのお歌、たくさん聴きたいですよ~。

ふにゃねこ 2009/03/04(Wed)23:23:39 編集
Re:無題
ふにゃねこさん、こんばんは!
ここのところ仕事をしていて、お返事が遅くなってごめんなさい!

はちくんの霊能力開発説、うーん、ありえそうですね。
っていうか、人の場合はほとんど臨死体験するとそうなるって言いますもんね。
>
>時々、はちくんの能力で、テオくんとフュージョンしてくれたらいいなぁと想っちゃいましたよ!

本当に。猫さんのほうが、猫のスピリットにコンタクトしやすそうですもんね!
>
>アニメのお歌の作り方、とても面白いですね。
>勉強になります~。

私の体験談だけなのですけどもね…。

>作詞家さんのお仕事はいいなぁとつくづく想いますよ。
>自分のお作品がテレビから流れてきたり、子供たちが口ずさんでくれたり、とても素敵だなぁと想いますよ。
>
>ふにゃも作詞をしてみようかなぁ~。

ぜひぜひ、やってみてください!
私も、そこから始まったんですよ。
>
>でも、ふにゃって
>才能ないですからぁ~ 残念!古っ(笑)
>
>アニメは世界に誇れる日本の文化ですからね。
>これからも、由里子さんのお歌、たくさん聴きたいですよ~。

ありがとうございます!
その言葉を励みに、がんばります。

>
>
【2009/03/07 00:58】
無題
(:_;)
森さんの力でテオはあんなに生きられたのではないでしょうか?
「ホ・オポノポノ」も他のヒーリングも出逢いは必然ですから、必要ではなかったのだと思います。
「ホ・オポノポノ」に出逢わせてくれたのもテオかもしれません。
そして私ともまた繋がりましたね。
テオのありがとう、聞こえたのですね。
こんなに誰かを愛せるなんて、素敵なことです。

はちくん、すごいですね。よかったですね。
嬉しいですよね!

森さんの詞、楽しみにしています。
きっと沢山の人の心を揺らしますね。



Kyo URL 2009/03/05(Thu)01:11:59 編集
Re:無題
Kyoさん、ありがとう(:_;)

>(:_;)
>森さんの力でテオはあんなに生きられたのではないでしょうか?
>「ホ・オポノポノ」も他のヒーリングも出逢いは必然ですから、必要ではなかったのだと思います。
>「ホ・オポノポノ」に出逢わせてくれたのもテオかもしれません。
>そして私ともまた繋がりましたね。
>テオのありがとう、聞こえたのですね。
>こんなに誰かを愛せるなんて、素敵なことです。

ほんとにありがとう。今もなんだかふっと後悔したりするんだけど、私の記憶の中のテオにごめんなさい、どうぞ許して、ありがとう、愛しています、と何度でも言いたいです。ほんとに感謝です。
>
>はちくん、すごいですね。よかったですね。
>嬉しいですよね!

はい!ほんとにすばらしく明るいニュースで感動しちゃいました!

>森さんの詞、楽しみにしています。
>きっと沢山の人の心を揺らしますね。

そ、そんな、Kyoさんに言われたらはずかしいよっ…(汗)

「サンド・ベージュ」をはじめて聞いたときの感動は今も忘れません。
ああ明菜さん、素敵だな、私も明菜さんに書きたいなって思って、後日、実現したんですけど、あれから二十年もたつけど、今も忘れません。
【2009/03/07 01:06】
今日はちょっと変な僕ですが…
森様

お世話になっております。

ふにゃねこさまのコメントを見て、ハッ!としたのですが、もしかしたら『はち』は霊脳猫になってるかもしれません。冗談抜きに…
しつこいようですが、『はち』は我々の目の前で少なくとも一回は死んだんです。
あの世に一回行って、また現世に帰ってきて「何だ?ここは?」っていう感じで今はキョロキョロしているんじゃないかと思います。

本当に、できることならテオちゃんとの交信をやらせてみたいです。
そのためには、まず『はち』と会話できるようにならなきゃいけないので、今度真剣にチャレンジしてみます。(なぜか出来るような気がしています(笑))

本当にもし『はち』の記憶が飛んだというだけのことではなく、霊脳猫に生まれ変わっているのだとしたら、、、そのために森さんが一生懸命に『はち』蘇生のヒーリングを行ってくださったのだとしたら???
と考えると、すんなり理屈が通ってしまうと思うのは僕だけでしょうか?(もちろん森さんの無償の愛は『はち』の蘇生に向けて頂いたことはわかっています。)

ちなみに、もちろん冗談で書いているのではありません。

でも、「あほらしい(笑)」と思われたらスルーしてください。

よろしくお願いします。

ありがとうございます。

藤太薫哉 2009/03/05(Thu)01:12:07 編集
Re:今日はちょっと変な僕ですが…
藤さま、お返事が遅くなりましてすみませんでした!

はちくん、霊能者ならぬ、霊能猫(れいのうにゃ)になっているのかもしれませんよね~。本当に。
人間は、ほとんどそうなるようですから…。

>本当に、できることならテオちゃんとの交信をやらせてみたいです。
>そのためには、まず『はち』と会話できるようにならなきゃいけないので、今度真剣にチャレンジしてみます。(なぜか出来るような気がしています(笑))

あーっ、藤さんなら、「アニマルコミュニケーション」できそうですね!

実は…テオ亡きあと、アメリカに住む日本人のアニマルコミュニケーターの人にはお願いしたことがあったんですが、あれから時間もたったし、はちくんがもう少し元気になったら、ぜひお願いしますっ!!!

>本当にもし『はち』の記憶が飛んだというだけのことではなく、霊脳猫に生まれ変わっているのだとしたら、、、そのために森さんが一生懸命に『はち』蘇生のヒーリングを行ってくださったのだとしたら???
>と考えると、すんなり理屈が通ってしまうと思うのは僕だけでしょうか?(もちろん森さんの無償の愛は『はち』の蘇生に向けて頂いたことはわかっています。)

無意識にせよ、そういうことってあるのかもしれませんね。
もちろん、あのときは、ただただ、とにかくはちくんに生きてほしかったです。
んー、だけど、はちくんに、いつかお願いできたらと思うとわくわくしてきます。
>
>でも、「あほらしい(笑)」と思われたらスルーしてください。

そんなこと思うわけありません!私はそういうことを信じている人間ですし、
嬉しくて…ほんとうにありがたいです。

はちくんがもう少し元気になったらぜひよろしくお願いしますっ!!!

ありがとうございます。

森 由里子
【2009/03/07 01:18】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ほっ!時計
プロフィール
HN:
森 由里子
HP:
性別:
女性
職業:
作詞家
東京都出身
J-POP、アニメ主題歌などこれまでに約800曲の楽曲をリリース。

※詳しい作品情報、新譜リリース情報等は公式HPにあります。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[07/10 yuuki]
[07/07 小笠原英晃]
[07/03 ふにゃねこ]
[07/02 ふにゃねこ]
[06/26 ふにゃねこ]
[06/23 藤太薫哉]
[06/21 ふにゃねこ]
[06/19 なかはらちゃん]
[06/17 ふにゃねこ]
[06/13 ふにゃねこ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]