忍者ブログ
[116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日の、テレビ「世界ふしぎ発見」のテーマは、イギリス、ロンドン郊外のストーンヘンジでした。

ストーンヘンジ/イギリス

それで思い出した、私の、なんとも言えない(?)ストーンヘンジでの思い出・・・。

それは今から、ン十年も前の学生時代の夏休みのこと。
当時、ロンドンに駐在していた兄の家に、母と旅をしたのです。
そして何日かロンドンに滞在して、ストーンヘンジ近辺の郊外の町にも一泊で連れて行ってもらったんですが。

ストーンヘンジに着いたときは、古代に作られたという不思議な巨石群の光景に圧倒されましたが、実は、それと同時に、とてもとても具合が悪くなってしまったのです。

びゅーびゅー吹く風の中、立っていられなくなりそうなほど気分が悪かった私。

そして一泊した近隣の素敵なクラシック・ホテルではもう、超最悪の状態。
口からはひどい嘔吐、下からはひどい下痢(!)

おまけに、あろうことか美しいクラシックなホテルはトイレが壊れてつまっていたのっ!!!

一緒に宿泊したのが、今は亡き母だったので、全部後始末をしてくれたのですが(うっ、あまりにも汚い話で、すまぬ!!)嘘でしょ?こんなのあり?というひどい状態に。

しかし、私の不調の原因は、お医者さんに診てもらっても原因不明。疲れか、それとも食べ物にあたったか?というようなあいまいな診断。

でも食べ物は、母や兄夫婦と同じものを食べていて、ほかの人はみな平気だったし、疲れといったってね。
当時の私はハタチになるかならぬかという若さ。今だって旅してもそんなにヤワじゃない。

そのときの私は、なぜよ、こんな不調は?と思っただけだったのですが・・・。

スピリチュアルなことに関心のある今では、ひょっとしたら、あそこに過去世いたことがあって、それが相当厳しい経験だったために引き起こされた反応ではないか?と疑っています。

その辺りの景色を見たとき、みょう~な気持ちになった私。
懐かしいような、悲しいような気分。
そして、あのような理由のないひどい不調は、後にも先にもあのときだけ。

今日の番組でも、ストーンヘンジは、生と死を現す場所とされていたし、ダウジングの棒が勢いよく、らせんを描いていた。

んー、あのあたりで、私は、紀元前、儀式にでも参加していたのかしらぁ?
あるいは、もっとあと、あのあたりで魔女と呼ばれて魔女狩りにでもあったのか?
(どちらも何の根拠もなし!)

ということはわからないけど、なんとなく、魔女だったことはあるかもねぇ、などと話したら、パートナーが、

「魔女だったら、魔法を使って俺の作った曲をヒットさせてくれよ」だと。

そんなことが出来るんだったらやってますよ。
しかし、今世はただの作詞屋さん。
魔法なんか使えないから、努力するしかないのよねぇ。

しかし今思い出しても、ストーンヘンジは本当に神秘的な場所だった。
そこに立つと不思議な気分になりますよ。それに圧倒されます。
パワースポットそのものと言ってよいでしょう。

まだ未経験の方にはお勧めです。
(注:私のように気分が悪くなっても、それは個人的理由によるもの。当方、責任は負えまへん(^_^;))


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
前世
こんばんは!

ストーンヘンジは、とてもエネルギーのある場所のようですね。とっても行ってみたくなりましたぁ~。神秘的な場所興味津々です。

ふにゃも1度だけ、前世ここにいたかも?と思った場所があります。
バチカンのサンピエトロ大聖堂です。
初めて行った場所だったのですが、ものすごく心が落ち着いて、一生ここにいたいと感じました。
自分の家より落ち着いちゃいました。
何の根拠もありませんが、直感で、3回前の前世に密接に関係のある場所じゃないかと・・・
ふにゃは、何の宗教にも属していないので、前世があるのかないのかよくわかりませんが、そんな気持ちにさせてくれる場所でした。

ストーンヘンジは、由里子さんも、前世を感じる場所だったのですね。
前世ってやっぱりあるのかなぁ・・・

世の中には、科学だけでは解明できない部分もたくさんあるのかなぁと思います。

ふにゃは、へなちょこブログを始めてみました。たいして面白くはないのですが、お時間があったら、覗いてみてくださいね。



ふにゃねこ URL 2008/07/14(Mon)21:40:09 編集
Re:前世
ふにゃねこさん、こんばんは!
毎日暑いですがお元気ですか?
コメント、ありがとう!

わー、バチカンのサンピエトロ大聖堂ですか?そんなふうに感じたのなら、きっと昔、ご縁のあった場所なのでしょうね。
私も行ってみたいな。

>何の根拠もありませんが、直感で、3回前の前世に密接に関係のある場所じゃないかと・・・

そんな具体的に直感しちゃったのですか?凄いですね!

>ふにゃは、何の宗教にも属していないので、前世があるのかないのかよくわかりませんが、そんな気持ちにさせてくれる場所でした。

わかりますよ~。私も特に何の宗教も信仰してないのですが、キリスト教のチャペルやお御堂に行くと、心が洗われるような気持ちになります。
催眠による過去世の退行をしたとき、シスターだった過去世を見たことがあるのでそういうことももしかしたら関係あるのかな?なんて思ったりもします。
>
>ストーンヘンジは、由里子さんも、前世を感じる場所だったのですね。

その時は、もうずっと昔なので、特に思わなかったんですけど、原因不明の体調不良があったので、なんなんだ、とは思いました。今はアヤしいぞ、と思ってます。(^_^;)

>前世ってやっぱりあるのかなぁ・・・

どうなのでしょう。でも色々な出来事から、私自身はあるのではないか?と思ったりしています。

>世の中には、科学だけでは解明できない部分もたくさんあるのかなぁと思います。

ですね!そういうことに対して、謙虚な気持ちでいたいな、と思っています。

>ふにゃは、へなちょこブログを始めてみました。たいして面白くはないのですが、お時間があったら、覗いてみてくださいね。

見ましたよっ!!!
可愛くて、とっても楽しいブログですね!
これからも、ちょくちょくお邪魔しちゃいますね~(^o^)丿
>
【2008/07/16 04:05】
いつも読ませて頂いております。
魔法も「呪文」という「言葉」をフィルターにして、
願いを叶える手助けをするものだとすれば、
「作詞家」と言うのもまた、「言葉」をフィルターにして
願いを叶える手助け?と言うか、背中を押して感情に変化を与える
職業だと思います。なので「魔女」の前世は意外にあるかもですね!

実際、「ドラゴンボール」世代の自分としては、
あの歌詞の「ドラゴンボール」と言う部分は、
=「夢」だと思って聞いてきました。
未だに、それで救われる事があります。

そういった意味では、「作詞家」である森さんは
「魔法使い」だなぁと思うときありますよ!
YEN 2008/08/03(Sun)10:08:46 編集
Re:いつも読ませて頂いております。
YENさん、はじめまして!
コメントありがとうごさいました。

言霊も魔法のような力があるのだとしたら、歌詞も、できるだけ、いい波動のものを作るように心がけたいと思います。YENさんのコメントのおかげで、あらためて、またそのことに気づきました。ありがとうございます。

そうそう、ドラゴンボールは、まさに夢の象徴なんだと思います。
そのようにおっしゃって頂けるととても励みになります。

魔女の過去世があるかどうかはわからないのですが、よい意味での魔法を使えるように、がんばります。(^o^)丿

ところで、明日、私は天河神社に行ってきます。一泊なのですが、また帰ってきたら、いずれ、ここでご報告します。
ぜひまた遊びにいらしてくださいね!



【2008/08/04 00:13】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 満身創痍 HOME 七夕 >>
ほっ!時計
プロフィール
HN:
森 由里子
HP:
性別:
女性
職業:
作詞家
東京都出身
J-POP、アニメ主題歌などこれまでに約800曲の楽曲をリリース。

※詳しい作品情報、新譜リリース情報等は公式HPにあります。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[07/10 yuuki]
[07/07 小笠原英晃]
[07/03 ふにゃねこ]
[07/02 ふにゃねこ]
[06/26 ふにゃねこ]
[06/23 藤太薫哉]
[06/21 ふにゃねこ]
[06/19 なかはらちゃん]
[06/17 ふにゃねこ]
[06/13 ふにゃねこ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]