忍者ブログ
[73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9月も末。まだ少し暑いけど、気持ちのよい季節になってきました。

今日は、前回の日記に美内すずえ先生のお話が出たので、8月末に行った「ガラスの仮面展」のご報告。

こちら、世田谷文学館で夏休みの間ずっと開催されていました。
私はぎりぎりの8月末に行ったのですが、すごいスケールで、ほんとに行ってよかった。

もちろん私は「ガラスの仮面」の大ファン!連載されていたときから好きでしたが、コミックスになってからも読み始めると、面白くて徹夜になってしまったことが何回あったか。
昔上演された、大竹しのぶさん主演の舞台も見に行きました。亜弓役は藤真利子さん。いまでも印象に残っているくらい、鮮烈でした。もちろん、美内さんとお知り合いになるずうっと前のことです。

今回の「ガラスの仮面展」では、実際に舞台も上演されて海外や地方からもお客さんが来て、大変な盛況だったとか。私も舞台をすごく見たかったのですが、どうしても仕事で行けず残念でたまりませんでした(泣)。

7277827ejpegこちらがポスターです。










d1e022f9jpegこれは、姫川亜弓の「椿姫」のポスター。
こんなふうに、劇中劇のポスターが全部作られていてびっくり!

ちょっと写真が゛ボケボケですが・・・汗。











e81cf465jpeg「奇跡の人」のポスター。

はられている壁は、マヤのすまいと設定されている場所。








a8c00129jpegこちらがその「マヤの部屋」。
右下に台本が。テーブルの上にたいやき。
いかにも昭和って感じ。
臨場感ありますね~!








936c9c68jpeg紫のバラの人からのお花。
凝ってます!

等身大の速水真澄さんもいましたよ。











b8f889a1jpeg左から森、
美内先生、
フランス人の画家、マークエステルさん。
(古事記などをたくさんの素晴らしい絵になさっている、すごい方です)







「ガラスの仮面」は、こんど、蜷川幸雄さんの演出で再び舞台化されるとか。主演のマヤと亜弓は一般公募だそうです。17歳~25歳で情熱のある人なら・・・ということなので若い役者さんにはチャンスですね。どんな人が選ばれるのか、楽しみです!

今年の夏は、旅行はおろかどこへも遊びに行けなかった私ですが、この日は、森の中にある素敵な文学館で、美内先生のご説明を聞きながら(なんと贅沢な・・・)「ガラスの仮面展」をじっくり見ることができました。その後、マークさんと三人でお食事。マークさんのすばらしい画集を見せていただきながら、お話もいろいろ伺うことが出来ました。

8月の中で、唯一、一日遊んでいた日だったかも♪ とても充実してました!

※こちらの写真は、展示会の中の写真ではありません。廊下や階段のポスターと、撮影可のところだけ写させて頂きました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ほっ!時計
プロフィール
HN:
森 由里子
HP:
性別:
女性
職業:
作詞家
東京都出身
J-POP、アニメ主題歌などこれまでに約800曲の楽曲をリリース。

※詳しい作品情報、新譜リリース情報等は公式HPにあります。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[07/10 yuuki]
[07/07 小笠原英晃]
[07/03 ふにゃねこ]
[07/02 ふにゃねこ]
[06/26 ふにゃねこ]
[06/23 藤太薫哉]
[06/21 ふにゃねこ]
[06/19 なかはらちゃん]
[06/17 ふにゃねこ]
[06/13 ふにゃねこ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]