忍者ブログ
[9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17]  [18]  [19
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1月31日

一昨日29日は、超楽しい食事会に行ってきました。

メンバーは全員、業界系働くおばさん(^v^)なんですが、皆さん、それぞれの分野でバリバリ活躍しているだけあって、男らしい(?)!アーンド楽しくて優しい。
つまりオトナ(*^^)v。働くおばさんってゆーか、働きざかりの大人の女ってゆーか?^_^;ぐっふっふふふ。

場所は笹塚駅そば、甲州街道沿いにある
キャンティディエ。お料理は、どれもおいしかったんですけど、特にドレッシングがめちゃめちゃ美味しかった。
食べることと、しゃべることに夢中で、下は、例によって食べ終わるころに撮った写真・・・・・・。

cefc1d71.jpeg










メンバーは、前列左から、作編曲家&キーボーディストの塚山エリコさん、声優&女優の田中真弓さん、
後列左から、森、某大手レコード会社ディレクターの渡辺有賀さん,作編曲家&女優の
竹田えりさん。
bba1bb71.jpeg










ちなみに、写真右側の白目っぽく写っちゃった男の人は、なにげにいたお店の人(笑)。

すごーく楽しかったこの食事会、今後も定例になりそうで楽しみです。(^-^)
PR
1月29日。

締切がいくつか重なったため昨夜から徹夜。
しかし、歌詞を送信したあと、好きなだけ寝た私。でへっ。^_^;

書きたいことがたまっております~。

まずは、一昨日、下北沢で行われた映画試写会のお話から。

その映画は「1/4の奇跡~本当のことだから~」というドキュメンタリー映画で、山元加津子さんという養護学校の先生と、教え子たち、そして山元さんが経験した実話と、気づいた小さくて大きな奇跡について描かれています。

みんなそのままで素晴らしい存在なんだ、病気の子も、障害のある子も、どんな子もみんな。そして、宇宙のはからいには、無駄なことなど何一つないのだ、という大きな気づき。それがひしひしと伝わってくる素敵な映画です。

山元さんって、本当に地に足がついた愛をまるごと実践している方です。そして、教え子たちもたとえようもなく素晴らしい。

そこで山元さんが知った奇跡とは何か?それはぜひ、現在上映中の映画でご覧になってみていただきたいと思います。こちらに映画の公式サイトがありますよ。↓
 http://www.yonbunnoichi.net/

そして、2月7日より、東京、下北沢TOLLYWOODでロードショーだそうです。

kiseki.jpg














また、この映画の監督さんは、入江冨美子さんといい、この映画を撮るまでは、普通のお母さんで普通の主婦だった方。

ところがあるとき、あふれてきた宇宙への感謝をどうしても表現したくなり、お金もコネもないのに、山元さんのお話を描こうと決めて映画を監督してしまったという方。素敵ですね。

映画のクォリティは、素人の監督さんがはじめて作っただけに、映像、編集とか音響とか音楽とか、やはり粗さはあるけど、それにあまりある感動があり、観る者の心を打ちます。

私としては、あの映画をDVD化して全国の学校に配布して見せたら素晴らしいのではないかと感じました。そして、いずれはテレビでオンエアできたら、全国に奇跡の輪が流れていくのではないかとも。

実は「みんなそのままでいいんだよ」というテーマ、それは、ちょうど私が先日書いた、4月から始まるTVアニメ主題歌の打ち合わせの際に監督さんから示唆されたテーマでもありました。

こういうシンクロニシティがあると、あのアニメや主題歌のテーマは監督の意図で、プロデューサーの指示でもあると同時に、この宇宙の大監督(サムシンググレイト、神さま)のはからい、意図でもあったのかな、な~んて勝手に思ったりもします。

私自身も、いままでも書きたかったそういったテーマの作品を書くことで、また大切なことを教えられた気がしています。だから、このプロジェクトに参加できこの歌詞を書くことができて、監督にも、プロデューサーにも、感謝の気持ちでいっぱいなんです。

そのままでいいんだよ。そのままで大丈夫だよ。そんなメッセージが心の奥に届き、響いたとき、コンプレックスでいっぱいだった気持ちや辛い記憶がふっとほどけ、勇気をもらえる。

私はそんな気がします。

写真は、寒空の下で花開く梅。そのアニメの監督、矢田部監督がケータイで撮って関係者に送って下さったのですが、あまりに美しいのでご了承を頂いて掲載させて頂きます。
    365079ec.jpeg
ce02dd1a.jpeg















花は、そこにいるだけ。
ただ、何も考えず、優しく咲いて、吹きすさぶ北風にもそっとうなずいている。
花は、そこにいるだけ。
ただ、風に揺れながら、そっと佇んでいる。
なのに、通り過ぎる者たちの心を癒し、和ませる。
こんなに寒いのに、青空のふもとで、まるで誰にでも惜しみなく微笑むようにつぼみを開く花。

―奇跡。それはここにある。生きているすべてが奇跡。
小さな梅の花からも、教えられることがいっぱいですね。(^◇^)

1月25日

昨年末、ラジオでたまたま、鳥インフルエンザから変異した新型インフルエンザのことを専門家が語っているのを聞いて、震え上がってしまった私。

ちょうど一人でクルマに乗っていて、出先から自宅に帰る途中だったんですけど、左側に寄せて停車しラジオにじいーーーっと聞き入ってしまいましたよ。

そして、いままでの認識、つまり、インフルエンザは風邪のひどくなったような症状でいずれは治るものだという認識を全部くつがえされてしまいました。いわゆるH5N1型は、強毒型でありパンデミックが起きることが予想される恐ろしいウィルスなんですね。

もっとそのことに敏感にならないと、と思っていた矢先、忘年会で知り合いのお医者様、西脇先生からも、その話を詳しく伺う機会があり、またまた認識を新たにしました。

そうこうしていたら、つい最近、中国で鳥インフルエンザの患者が出たとのニュースが!

そして昨日また、テレビの報道特集でもとりあげていたんです。が・・・

私がたまたま聞いたラジオの専門家のお話や、西脇先生のお話よりも読みが甘いような気がしたんです。

そうは言っても、まったくの門外漢で何もわからない私などがいいかげんなことを語ってもしょうがないと思うので、西脇先生のブログこちらにご紹介することにしました。こちらですっ!↓

http://nishiwakishunji.blog8.fc2.com/


現在私も、外出して電車に乗るときはマスクを着用していますが、そんなものじゃだめみたい!!
\(゜ロ\)(/ロ゜)/
とりあえず、念のため、食料品の備蓄からしておきましょう!

先日、漫画家の美内すずえ先生にお目にかかった時に、ある大変残念なお話を伺いました。

それは平成19年に出版された、「聖なる光」という、不思議な光の写真集のほとんどに二重写しなどの偽造の疑いが濃厚であるというお話でした。

撮影者を信頼し、友情によって協力を惜しまなかった美内さんは、このために、現在大変心を痛めていらっしゃいます。

このことについての詳細は、以下をクリックしてご覧ください。

http://www.holy-brilliance.net/

また、先日ご一緒にお話を伺った光田さんのブログにもアップされています。

http://caycegoods.exblog.jp/10672715/

私自身は、最初に見たときは「すごい!」と思ったものの、じーっと見ているうちに、何か、そこはかとない違和感を感じるようになってもいました。

それは、パートナーの「この光には周囲の風景との一体感がない気がする」、「なぜ、どれも建物とか風景の前に光があるんだ?」などという言葉の影響もあったかもしれません。そして、私が疑り深い性格であったがゆえかもしれないのですが、「でも、もしかしたら、本当に奇跡の写真なのかもしれないし・・・?」とも考えたりして揺れていました。

そんな先日、美内さんとお会いする数日前に、ある雑誌の裏表紙に、別の出版社から新たに出すらしいこの写真集の宣伝が出ていることに気づきました。そして、また、もやもやとした違和感を感じたのです。

また、今日気づいたのですが、あるスピリチュアル系の会社のパンフレットの表紙にも、この写真が使われていました。撮影者の名前も明記されています。きっと真実をご存じないまま使われたのだと思います。

もし、皆さんがこの写真をどこかで目にしたとき、このことを知って頂ければと思い、美内先生のご快諾を得てこちらにもご報告させて頂くことに致しました。
1月21日

昨夜は、楽しいお食事会に参加してきました。

それは、1月15日付のブログに書いた講演会で、宇宙人との遭遇など不思議なお話をなさったジュリアンさんとその友人のクレイグさんとのお食事会♪

主宰者はもちろん講演の主催をしたテンプルビューティフルの光田菜央子さんで、私も、漫画家の美内すずえ先生、作曲家のFrankie Tとともに、参加させて頂いたというわけです。
be9e7fbc.jpeg









お店は、浅草の和えん亭吉幸といい、津軽三味線の生演奏がある素敵なお店。建物も飛騨から運んできたという木造の古民家ふうで、とても風情があります。お料理も美しく盛りつけられ、お味も繊細で、とっても美味しかった。

この日のメニューは、ベジタリアンのジュリアンのために、ふだんはお店にないお野菜のコースでした。でも、お野菜や湯葉や海藻やお豆腐だけでも十分に満足できたのは、お味がすごくよかったからに他なりません。
目にも舌にも美味しく美しいお料理と、生の津軽三味線の演奏を堪能しました。

津軽三味線って、の趣、わび、さびに、ロックに通ずる強さとが融合した楽器なんですね~。
cb2a26c4.jpeg













そして、皆さんとの会話。なにしろ、出席した方々が皆さん、宇宙人とのコンタクトのお話でさえ平然と(?)受け入れられるメンバーですので、もうそれは不思議で楽しいものでしたよ。

特に、ジュリアンのUFO体験、宇宙人との遭遇のお話について、やはりスピリチュアルな体験豊富な美内さんからの質問が的確で鋭かったため、私自身、講演のときにもうちょっと聞いてみたかったと思ったようなお話やお答を聞くことができました。(*^^)v

それにしても、先日も書いたことですが、そういったアメイジングなお話も、ジュリアンの人柄、純粋さ、謙虚さ、そして知性があるからこそ、こんなにも素直に耳を傾けられるのだいう感覚を強く持ちました。

私自身にも不思議な体験はあるものの、そういう話は、なんとなく人や場を選んでしまい、相手によってはそういうことは一切話さないようにもしています。ま、空気読んでるともいえるし、理解できないであろう相手に迎合してるともいえる(苦笑)

さて、またまた面白いシンクロがありました。
ジュリアンはフランス人ですが、現在、台湾の大学で教鞭をとっているために台湾に在住。そして、なんと美内すずえさんは来月はじめに、台湾でのサイン会を予定なさっているそうなんです。

しかも美内さんは、この前日まで「ガラスの仮面」の締切りがあったために修羅場だったらしく、もしこの食事会が一日前にずれていたら、とうていご出席はできなかったとか!

うーん、不思議ですね。やはり、目に見えない縁というものがあるんでしょうか?
その他、このあたりのことは、光田さんのブログにも詳しく書かれていますので、よかったらぜひお読みくださいね。
http://caycegoods.exblog.jp/

そんな楽しくも不思議なお食事会のあとは、先に帰ったジュリアンとクレイグ以外の、4人でお茶タイム。
深夜までおしゃべりを楽しみました。(*^^)v

そうそう、その時伺った情報によると、美内すずえ先生のあの「ガラスの仮面」のコミックス新刊、やっと今月26日に出るそうです!

待ちに待った「ガラスの仮面」の新刊、私も今から楽しみです。(^O^)
<< 前のページ 次のページ >>
ほっ!時計
プロフィール
HN:
森 由里子
HP:
性別:
女性
職業:
作詞家
東京都出身
J-POP、アニメ主題歌などこれまでに約800曲の楽曲をリリース。

※詳しい作品情報、新譜リリース情報等は公式HPにあります。
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
[07/10 yuuki]
[07/07 小笠原英晃]
[07/03 ふにゃねこ]
[07/02 ふにゃねこ]
[06/26 ふにゃねこ]
[06/23 藤太薫哉]
[06/21 ふにゃねこ]
[06/19 なかはらちゃん]
[06/17 ふにゃねこ]
[06/13 ふにゃねこ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]