忍者ブログ
[124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9月4日・・・。
私の愛する猫、この日記にもたびたび登場させたテオが、虹の橋へと旅立ちました。
大型猫、メインクーンの男の子で8歳8ヶ月とちょっと。一時は16キロもあった大猫だけど、亡くなる前は、その半分もあったかどうかわかりません。

実は、ここ一ヶ月、私は、ただただ介護の日々でした。
仕事でどうしても外出しなければならない時はパートナーに頼み、介護の合間に少し作詞をし、それ以外はずうっと家にいてテオの介護をしていたのです。

テオは、優しくておだやかで、とても人懐っこい猫でした。

それでいて難病になり何度もダメかという危機が訪れても、そのたびにがんばって乗り越えてくれました。主治医の先生もすごいというほどの強さと生命力は、私が必死に「お願い!生きて!」と頼んだことに応えてくれたからかもしれません。

テオは、私に数え切れないほどの幸せをくれました。気まぐれといわれる猫なのに、どんなときも私のそばにいてくれました。
そして、闘病への強さも、生きる意志も、見せてくれたのです。そんなテオの介護ができたことにも私は感謝しています。

いまわのきわに、「テオ、ありがとう!愛してるよ!また生まれ変わって私のところへおいで!」と叫びました。

私の勝手な思いは、息も出来なくなって苦しんでいたあの瞬間、テオに届いていたでしょうか?

だけど、テオとはまたいつか会える、そう信じています。

いつの日か、たとえ遠い未来であっても、また生まれ変わって私のところに来てくれるのか、それとも、私が光の世界に旅立ったときにやっと会えるのか、それはわかりません。でも、いずれにしろ、生きとし生けるものは全て、いずれ必ず虹の橋の向こう、光の世界に旅立つのですから。

しかし今は、まだ現実を受け止められずに、涙があとからあとから流れてきます。

悲しみがもう少し癒えたら、ここに闘病のことや、想い出を書こうと思います。

瞳のつぶらなテオ。
07cf8dd5.jpeg










病名がわかったあと「お願いだからがんばって!」とテオに何度も何度も頼みました。
7602a535.jpeg











しつこくする私。どんなときでもテオはいやがることなく寄り添ってくれました。
a97ed475.jpeg










お客様たちともすぐに仲良しになるテオ。5fffe714.jpeg











お腹を見せてくれたテオ。0714d90b.jpeg











テオ、ありがとう。愛してるよ。
こんなにテオを大好きな私のことを、どうか覚えていて。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
テオちゃん、やすらかに
ご無沙汰しています。
kosanjiの愚妻、haruです。

テオちゃん、幸せだったと思います!
こんなに愛されて・・・
何度も危機を乗り越えてがんばってくれたのも、森さんの愛にこたえたかったのでしょうね。
天国に召されたのは、きっと、次に生まれ変わる準備ができたのかもしれないし、森さんをそろそろ解放してあげようというテオちゃんの愛だったのではないかと思います。

今、元気を出してくださいというのは、難しいことかもしれませんが、お体だけはお大事にしてくださいね。
テオちゃんも心配しますから・・・

テオちゃん、闘病お疲れさまでした。
よく頑張ったね・・・
またいつか会えるかな。
haru 2008/09/08(Mon)20:38:05 編集
Re:テオちゃん、やすらかに
haruさん、お久しぶりです。優しいコメント、心にしみました。

テオ、幸せだったでしょうか?私がテオからもらった幸せと同じように、テオにもあげられていたかどうかわからないけど、私はとにかくテオが大好きでした。そして永遠に大~好きです。犬や猫って、口はきけないけど、本当に無償の愛をくれるんですよね。

テオはいま、貧血からも呼吸の苦しさからも解放されて、いちばん元気だったころの姿になって、自由に楽しく遊んでいる。
魂の実在を心底信じている私は、自分にそう言い聞かせています。

本当にありがとうございました。

同じ「猫族」のharuさんとまたお会いして、お話できる日を楽しみにしています!

【2008/09/09 02:00】
無題
テオちゃんには、1度きりあっただけですけど、絶対幸せだったと思います。
そんなお顔してましたよ。

私も、bonzo、ふゆ(昔、飼ってたワンこ)が天国に召されたときは、しばらく立ち直れず、通勤電車の中でよく思い出しては泣いてました。

でも、今は、いつか何らかの形でまた会えると信じてます。
これは、人でも同じ。おじいちゃん、おばあちゃんにも会えると・・・
気休めではなくほんとに信じてるので、今はあまり寂しくありません。
もう、どこかでであってるのかも。なんて・・・

また今度、kosanjiさんとお伺いします。

haru 2008/09/09(Tue)22:45:35 編集
Re:無題
haruさん、ありがとうございます。

>私も、bonzo、ふゆ(昔、飼ってたワンこ)が天国に召されたときは、しばらく立ち直れず、通勤電車の中でよく思い出しては泣いてました。

そうですよね~。同じ気持ちですよね(涙)。私も、昔飼っていたアンジュが亡くなった時も、ペットロスになりました。メインクーンで、まだ一歳半でした。
テオは、アンジュの生まれ変わりだったのかも、という気持ちがあって、それはそれは不思議な話があるので、いつか、ここにも書きたいと思います。

それにしてもテオとは長い年月、とにかくくっついて一緒にいたので、家にいないなんて信じられなくて。

子どものころから、なぜか私は動物が大好き。子どものころ「どうぶつ家族」という動物と暮らす家族の物語を書いたことがあるほどで、いつも家には動物がいました。犬も何匹も。勝手に飼った猫は途中で家出。小鳥もいました。
そして、わんこたちが亡くなる度に、子どもの私は泣きました。

そして大人になった今なのに、心は、子どものときより泣いている気かします。

>
>でも、今は、いつか何らかの形でまた会えると信じてます。
>これは、人でも同じ。おじいちゃん、おばあちゃんにも会えると・・・
>気休めではなくほんとに信じてるので、今はあまり寂しくありません。
>もう、どこかでであってるのかも。なんて・・・

そうですよね。私も輪廻転生は信じています。
それでも、あの温もりや肉球、ムクムクの毛に触れたくて。それも、テオでなければっていう気持ちなんですね。代わりはいないんですよね。
でも、いつか、いつの日にか、会えるその日を待っていればいいんですよね。
>
>また今度、kosanjiさんとお伺いします。

Kosanjiさんには大変お世話になりました。
今回も、このような他人事をまるでご自分のことのように悲しみ、優しく何度もブログにも書いてくださいました。その上、大切なことを色々教えてくださって感謝でいっぱいです。
おふたりにお会いするのをTともども楽しみにしております。
【2008/09/10 02:40】
虹の橋のたもとに☆
テオちゃんの事を思うと・・・
今も、胸がつまり涙が滲んできます。
何なんでしょうね・・・
物言わぬ者への愛おしさは
全ての制限を越えてしまます。

由里子さんの一所懸命さ、優しさ、愛情深さ
ちゃんと、ちゃんとテオくんに届いてますよ

頑張ったのはテオくんだけでない事
テオくんが一番解ってると思います。
だから・・・今天国で、ホッとしてると思う

虹の橋のたもとで、きっと先立った
猫天使達と戯れているね(;。;)
くみくみ URL 2008/09/10(Wed)12:28:06 編集
Re:虹の橋のたもとに☆
くみくみさん、コメント、ありがとうございました。
そして、先日はうちにいらして下さり、テオに対面して下さって本当にありがとう。嬉しかったです・・・

テオちゃんの事を思うと・・・
>今も、胸がつまり涙が滲んできます。
>何なんでしょうね・・・
>物言わぬ者への愛おしさは
>全ての制限を越えてしまます。

そう、言葉がない分、思いはひとしおなんですよね。
>
>由里子さんの一所懸命さ、優しさ、愛情深さ
>ちゃんと、ちゃんとテオくんに届いてますよ

ありがとうございます。「もっと可愛がればよかった!」と言うと
家族の者から「どうやって?」と言われます。
今は会えないと思うと、ああ、足りなかった、と思うのは、母や兄との別れのときと同じですね。


>頑張ったのはテオくんだけでない事
>テオくんが一番解ってると思います。
>だから・・・今天国で、ホッとしてると思う

闘病、疲れただろうから、今はゆっくり休んでのんびりしてほしい、心からそう思っています。

>虹の橋のたもとで、きっと先立った
>猫天使達と戯れているね(;。;)

うん。アンジュは、もしかしたら、テオの前世かも?という気もしてるけど、わからないし。

テオと夢でもいいから、会いたいな。

くみにゃんとも、また会いたいです。
【2008/09/11 02:47】
無題
こんばんは(涙)

テオくん、光の世界へ旅立ってしまったのですね(涙)
ふにゃも、たくさんお祈りしていましたが、
とっても、残念でなりません。

でも、テオくんは、由里子さんにとっても愛されて、あたたかな幸せを感じていたことと思いますよ。

以前、ふにゃのお家に、事故で天国へ行ってしまった、サスケくんというのらねこちゃんがいましたが、この仔とは、前世で一緒だったことがあるねとお話したことがあります。

星の数、いや、それ以上の魂があるのかとは思いますが、引き合う魂は、意外と数が少ないのかなぁと感じます。

今世か来世かはわかりませんが、きっと、絆の強かったテオくんとは再びめぐり逢えると思いますよ。

やさしいテオくん、光の世界で、また由里子さんに出会う、準備をしているかもしれませんね!




ふにゃねこ URL 2008/09/11(Thu)00:10:13 編集
Re:無題
ふにゃねこさん、コメントありがとうございます。
とっても嬉しいです。
>
>テオくん、光の世界へ旅立ってしまったのですね(涙)
>ふにゃも、たくさんお祈りしていましたが、
>とっても、残念でなりません。

お祈り、ありがとうございます。
ふにゃねこさんの優しさも祈りも、ぜんぶテオには届いていて、今はテオは無邪気に遊んでいると信じています。
>
>でも、テオくんは、由里子さんにとっても愛されて、あたたかな幸せを感じていたことと思いますよ。

ありがとうございます。テオに出会えて、私は幸せでした。
>
>以前、ふにゃのお家に、事故で天国へ行ってしまった、サスケくんというのらねこちゃんがいましたが、この仔とは、前世で一緒だったことがあるねとお話したことがあります。

わかります。そういう感覚って感じますよね。
>
>星の数、いや、それ以上の魂があるのかとは思いますが、引き合う魂は、意外と数が少ないのかなぁと感じます。

本当にそうですね。この世に偶然はないですものね。
>
>今世か来世かはわかりませんが、きっと、絆の強かったテオくんとは再びめぐり逢えると思いますよ。
>やさしいテオくん、光の世界で、また由里子さんに出会う、準備をしているかもしれませんね!

テオはホントに優しい猫だったので、そういう可能性もあるって考えて生きていかなきゃと思います。

ありがとうございました!
【2008/09/11 02:59】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
父の誕生日に舞い込んだ知人の訃報
今日は父の誕生日だが、突然ヴェネツィア・ビエンナーレに[http://www.jpf.go.jp/venezia-biennale/arc/j/11/ 妹夫婦の恩師の展示]を見に行くことになり、今は日本にいない。 父は私が子供の頃、「ウチは脳溢血の家系だから、お父さんも43までには死ぬ」とよく言っていたが、 オオカミ少年ならぬオオカミ父さんはその年をとうに追い越してオオカミ爺ちゃんになり、 今年で72歳である。 イタリアはまだ日付が変わっていないから、まだ本人は71だと思ってるな...
URL 2008/09/11(Thu)03:35:28
ほっ!時計
プロフィール
HN:
森 由里子
HP:
性別:
女性
職業:
作詞家
東京都出身
J-POP、アニメ主題歌などこれまでに約800曲の楽曲をリリース。

※詳しい作品情報、新譜リリース情報等は公式HPにあります。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[07/10 yuuki]
[07/07 小笠原英晃]
[07/03 ふにゃねこ]
[07/02 ふにゃねこ]
[06/26 ふにゃねこ]
[06/23 藤太薫哉]
[06/21 ふにゃねこ]
[06/19 なかはらちゃん]
[06/17 ふにゃねこ]
[06/13 ふにゃねこ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]