忍者ブログ
[125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

テオが旅立ってから16日がたちました。
これまで、友人や親しい方々から、優しいメッセージやお心遣いを頂きましたこと、本当に・・・感謝です(涙)。

皆さんが下さったお花と優しさがいっぱい飾られたテオの祭壇eea29241.jpeg











友人がわざわざ届けてくれたテオの写真を絵柄にしたマグカップ。
2399e5bf.jpeg










そして、心配して、皆さんがくださった優しい電話やメール。
とっても嬉しかったです。ありがとうございました。

また、作詞家仲間で友人の青木久美子さん、そして音楽プロデューサーで友人のkosanjiさんもご自身のブログ上に追悼記事を書いてくださいました。優しさを頂き、テオを愛してくださり、心から感謝です。

ところで、テオが旅立ったあと、いくつも不思議なことがありました。

まず、ある日のこと。

私が横になっていたら、夜中、テオが歩いてくる足音と気配がしたんです。
思わず「テオ!?」と呼び、飛び起きてしまいました。

生前、テオはたいていどこにいても、私が寝ると、ベッドの下まで歩いてきて、しばらく立ち止まりました。そして私がシーツの上をぽんぽんとたたくと、ぴょんっと飛び乗っていたんです。そのため、そのときも思わずそうしてしまった私・・・。

勿論、誰もぴょん、と飛び乗ったりはしません。
でも、足音と気配は、そのとき三回ほど聞いたのです。

そして、不思議なことに、いままでずうっと寝室に連れてくるたびに、あっという間に、まさに脱兎のごとく逃げていたノエル(同居猫)が、そのあと数日たってから、自分からふいに私の横に飛んで来たのには驚きました。

まるでテオから「ここんとこベッドはボクの縄張りにしてたけど、もうボクはいないから、侍女(たまにママ)が寂しがっているから、行ってあげてね」と言われたかのようでした。

そしてその日から、ノエルは毎日、私のそばに来るようになったんです。

そんなある日。ふと、昼間、シーツを見るとまるで今までテオが寝ていたかのような跡がありました。
私の思い込みかもしれませんが、大きさといい、形といい、そうとしか見えませんでした。
f03533ff.jpeg










また、先日は、朝、私の横にテオが飛び乗ってきたような音でびっくりして目覚めました。
その時ノエルは静かに寝息をたてていたし、見てももちろん誰もいなかったけど、しわはくっきりとありました。

そう言えば。
テオがだいぶ悪くなって、亡くなる一週間ほど前も、私が寝ていたら、ぴょんっとテオが飛び乗ってきた朝がありました。もう足腰さえほとんど立たなくなり、トイレさえ行けなくなっていたのにと、その時私は心から驚きました。輸血して少し元気になっていたせいもありますが、渾身の力で飛び乗ったのかもしれないと思うと、今も胸がいっぱいになります。

そして私はある夜、空間にテオの映像を見ました。見ていると、なぜかそれは速いスピードで動いてだんだん小さくなって、やがて、子猫になって消えてゆきました。

そんな不思議な出来事は、母の死後も何度か体験しましたが、動物も愛された者は人間と同じように死後も個性を持ち続けるのかもしれません。

ある本に書いてありました。

動物も愛によって進化する。
全ての生きものの進化は、愛によってなされる、と。
やはり、愛、それも無条件の愛が、全ての鍵なんですね。

私は、以前、速水奨さんのために書いた「Eternal Sunshine」という歌の歌詞を思い出しました。
それは、他界した彼女を想う、というテーマの歌詞なんですが、こういうフレーズだったんです。

「~略~

Ah この悲しみ まだ癒せないけれど
君の優しさは僕を満たすよ

~略~

めぐりあい別れ逝く
このすべてが 束の間の幻としてもなお
この輝きは終わりのないもの

時を越える光のように
そこに ここに 君は生きているよ

どんな朝にさえ 朝陽は昇り
愛はきっと僕に寄り添う」

どんな朝にさえ 朝陽は昇り
愛は永遠(とわ)に僕に寄り添う」

家族、友人。そして慈しんだ動物。
愛した誰かとの絆は、この世を去ったとしてもなくなることはないんだ。そう私は信じています。
016453af.jpegd888705b.jpeg










PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは

不思議な事、いろいろとあったのですね。

49日の間、魂は、あの世とこの世の狭間にあるのだと聞いたことがありますが、きっと、テオくんは、まだ、由里子さんの傍にいるのでしょうね。

「Eternal Sunshine」とっても素敵な作品ですね。ふにゃも、ちび太くんとの別れがあったので、とてもよく伝わってきます。魂と魂との尊い絆の強さを感じます。

テオくんは、この世を去ってしまいましたが、由里子さんの心の中では、永遠に生き続けて、いつでも傍でやさしく見守ってくれているのでしょうね。
それに、由里子さんが、テオくんを想ったとき、光よりも速いスピードで天国から会いに来てくれると思いますよ。

ふにゃは、最近、エアギターならぬ、エアちび太くんを可愛がっていますよ。
空気をなでなでしているので、誰かに見られると、頭のおかしな人に見えちゃいますね。
一人暮らしなので、出来る業かもしれません(笑)
でも、生前のちび太くんと触れ合っていた時のように、心穏やかになれるのが不思議です。
由里子さんも、エアテオくんと遊んでみてはいかがでしょうか?(笑)

ふにゃねこ URL 2008/09/23(Tue)23:57:16 編集
Re:無題
ふにゃねこさん、こんばんは!

>不思議な事、いろいろとあったのですね。

そうなんです。さっきも、仕事中、足音がしたので、無意識に「あ、テオが来たわ!」なんて思い、すぐ、そうだ、テオはこの世を去ったんだ・・・と、ハッとしました。ノエルはひざの上にいましたし、かなりしっかりした音だったんですよね。でも、嬉しかったですよ。
>
>49日の間、魂は、あの世とこの世の狭間にあるのだと聞いたことがありますが、きっと、テオくんは、まだ、由里子さんの傍にいるのでしょうね。

そうかもしれませんね。
>
>「Eternal Sunshine」とっても素敵な作品ですね。ふにゃも、ちび太くんとの別れがあったので、とてもよく伝わってきます。魂と魂との尊い絆の強さを感じます。

ありがとうございます!やはり、今生の別れを経験した者にしかわからない絆の感覚って、きっとありますよね。
>
>テオくんは、この世を去ってしまいましたが、由里子さんの心の中では、永遠に生き続けて、いつでも傍でやさしく見守ってくれているのでしょうね。
>それに、由里子さんが、テオくんを想ったとき、光よりも速いスピードで天国から会いに来てくれると思いますよ。

そうですよね!ありがとう!そう信じています。
>
>ふにゃは、最近、エアギターならぬ、エアちび太くんを可愛がっていますよ。
>空気をなでなでしているので、誰かに見られると、頭のおかしな人に見えちゃいますね。
>一人暮らしなので、出来る業かもしれません(笑)
>でも、生前のちび太くんと触れ合っていた時のように、心穏やかになれるのが不思議です。
>由里子さんも、エアテオくんと遊んでみてはいかがでしょうか?(笑)

それ、いいですね。テオも、そのときはきっと来てくれるでしょう。

最近、アニマル・コミュニケーターさんにネットを通じてテオのスピリットとのお話をお願いました。今日、お返事の文書が来て、テオは、とっても元気で楽しそうに天国にいるようです。そして時々、遊びに来てるみたいです。
こんどそのことも書きたいと思います!
>
>
【2008/09/24 01:53】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ほっ!時計
プロフィール
HN:
森 由里子
HP:
性別:
女性
職業:
作詞家
東京都出身
J-POP、アニメ主題歌などこれまでに約800曲の楽曲をリリース。

※詳しい作品情報、新譜リリース情報等は公式HPにあります。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/10 yuuki]
[07/07 小笠原英晃]
[07/03 ふにゃねこ]
[07/02 ふにゃねこ]
[06/26 ふにゃねこ]
[06/23 藤太薫哉]
[06/21 ふにゃねこ]
[06/19 なかはらちゃん]
[06/17 ふにゃねこ]
[06/13 ふにゃねこ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]